はじめに

50に近づいた今さら(2019年1月)になって、フリーランスとなったシステムエンジニアです。昔ながらの叩き上げで、プログラム開発からはじまり、サーバエンジニア(構築)、システム設計をしつつ、提案営業などをして今に至ります。

屋号

トナミ情報システム

名前

利波 健二

スキル

  • Linux(UNIX系)OSの設計、構築
  • OSSを使ったシステム構築、特にインターネットサービス系ですが、需要がなくなったのか、やる人がいなくなってしまったのかよくわからない分野
  • ガチでやってたのはC言語。でも10年以上前
  • PHP、Perl、Pythonを少々。プログラマを本職にしている人にはかなわないと思われる。

経歴のようなもの

1989年~

1社目に入社し、メインフレーム上で動作するUNIX(SystemV系)を開発(移植)をしてました。そのため、ひたすらC言語。自分の環境をカスタマイズするためにemacs lispを書いてみたり、Texでドキュメント書いたりとか、最近の人だと「何ソレ」みたいなことをやってみたり。

同時に、社内のインターネット環境の整備を担当していたので、SunOS(not Solaris)にX11を始めとするOSSのコンパイルをひたすら行って社内へ提供したり、メール中継サーバ等を構築してます。このあたりの作業を通して、ネットワークの基本を学べた気がしますね。

2002年~

プログラマとして限界というか、このまま続けていけるのか?と思い、転職。このころにスカウトとかエージェントの存在を知りました。エージェントは、私を高く売り込みたかったようなのですが、時代はWindows花盛り。Unix(Linux)しかやっていない私を売り込むのはうまくいかなかったようです。そうこうしているうちに、脱Windowsの会社が見つかり、そこへ。

そのころはインターネットサービスを提供しているようなところでしかLinuxの採用はなかったので、主に、インターネットの基盤となるサーバの構築をしてました。OSSを触るうえでC言語の知識はかなり役に立ちました。

提案、設計などもやるようになり、同時に、PHPやPerl、Pythonなども少し書いたりしながら過ごします。言語はいろいろ触りましたが、フレームワークを全然やらなかったから、正直、開発は微妙な人に。

2019年~

2018年末に退職し、フリーランスになりました。

今は、とあるリプレース案件で提案から始まり、Windows Server触ったり、ベンダーと協力してヒアリングしたりと、今までとはまた違うことをしてます。